ASATO

呼吸法瞑想・シータヒーリング®専門店【安里屋】

ココロとカラダの癒しを育み,願望を現実化させる.神奈川(横浜,大和,相模原)

ある時、頭の上から音楽が聞こえてきた




「あの海に舟をだせぇ〜あの海に舟をだせぇ〜

  いつかどこからかぁ〜聞こえ〜てくる〜〜〜 」



と始まる曲を一緒に歌ってた




何故か滂沱の涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙。

2時間も滂沱の涙が止まらずにいた



ふと心の中で対話をしてた



「魂から喜んでいる!」


「何故?喜んでいるの?」


「弱い自分たちを見捨てずに一緒に成長してくれたから!」





この感動で2時間も涙を流し続けていた

頭は真っ白の空っぽ




こんな経験を生まれてこのかたしたことがなかった僕は即刻ある決断をした



 心の束縛からの解放を人に伝える人生を生きる!!!





と決断して一年後



 シータヒーリングに出会った



オランダへ アメリカのアイダホへ インドへ 


たくさんの資格を取りにでかけた





2014年になって資格を追いかけるのに違和感を感

じ始めてきた




 何なんだろう? と感じてみた




自分の心の中に今の自分自身だけじゃない自分がいる

ことを感じだしていた





自分の心の奥から光の自分…

date: 2022-08-19T14:42:40.040Z tags:

ヘミシンクやシータヒーリングを始めた理由の一つに父親、母親を上へ繋げる(看取る)という願いがありました。

またレトリーバル(過去生の自分自身や他の縁ある魂を救う)の為でもありました。

昨日の朝、いつものことのように母親へ無条件なる愛を送っていたら、お姉さんからmailが届きました。


「オハヨー。3日前から病院に泊まっていますが、痛がるとモルヒネの量を増やすばかりの対処しかありません。とろとろしてるか痛がるばかりで、会話もできません。もう安らかに逝かせてあげたい・・・。


きっと、康次からの“回復”への力が送られてくるからだと。もう十分頑張ったので、安らかな気分にさせてあげてください。」と。


これまでのセッションではこんな方がいらっしゃった、ことを思い出しました。


母親を十分な看護を受けさせてあげたいと思い、最高の看護が受けられる場所を決めて移動る間も亡くなった。最後の最後まで別れたくない、という想いから亡くなっていったお母さんへ何もしてあげられなくて、その心残りが自分自身を責めて苦しめている方がいらっしゃっ…

セッション紹介

セミナー紹介

blogテーマ